シェアハウスの仕組み

最近は、1つの賃貸住宅にプライベートスペースとパブリックスペースを設け、共同生活を送るシェアハウスが若者を中心に注目を集めています。では、シェアハウスとはどんな事か具体的に説明していきたいと思います。

まず、住まいの一部を誰かとシェアするのですが、入居者それぞれにプライベートな個室が用意され、リビングやキッチンをはじめとしてバスルームやトイレなどの空間や設備をシェアするのがシェアハウスの仕組みです。しかし、ルームシェアと違うところは、入居者についてその管理を行う運営会社が存在して入居者がそれぞれが運営会社と契約を結ぶ点です。また、食事の提供はなく、おのおのが自分で用意して食べるというシステムになっています。ですが、プライベートな空間だけはしっかりと確保してあり、自立したスタイルを保っています。

また、シェアハウスといってもいくつかのタイプがあり、入居人数や設備が違うので自分に合ったところを探す事をオススメします。例えば、マンションタイプ、一戸建てタイプ、アパートタイプと建物はそれぞれ違いますが、個人の部屋があって共通の設備があるのは変わりません。また、シェアハウスというコミュニティを活かして、同じ趣味を持つ人を意図的に集めるシェアハウスも注目されています。例えば、楽器OK、ペットOK、シングルマザー向けのところから、外国人も受け入れている国際的なところまであり、自分が求めている特徴のシェアハウスを選ぶとトラブルも防げますし、コミュニケーションも取りやすくなります。同じ趣味や環境の人が住むのはお互いにすみやすいのでメリットが大きいです。

参照ホームページ…シェアハウスなら女性も安心の設備と上質な空間のDKハウス
外国人との国際交流もできるシェアハウスです。