シェアハウスでの注意点

ですが、誰かと共有して使うという事は注意しなければいけない事もあります。みんなが嫌な思いをしないように生活しなければいけないのでルールが決められている事が多いです。例えば、入浴時間や選択する時間に制限があり、入浴時間にも制限が設けられています。そのため、自分の好きなように生活したいという人には向いていません。このようなルールをあらかじめ知ってから契約しましょう。また、友達を招き入れる事もほかの入居者に迷惑がかかるので基本的には出来ません。また、たとえ家族だとしても泊めることが出来ないので、自由度は少ないです。また、共有部分は入居者同士で掃除しなくてはいけないので、きちんと掃除が出来る人でないと迷惑がかかってしまいます。

自分ひとりだけのスペースなら汚れていても問題ないのですが、共有部分は誰かに迷惑がかかってしまうので、きちんと掃除が出来る人が向いています。また、女性がシェアハウスをしたいときはさらに注意が必要です。出来るだけ同姓だけがいるシェアハウスの方が女性は安心なのでそういったところを探し事が大切です。このように、シェアハウスは共同生活に近いものがあるので、注意点も必要です。自分がシェアハウスに向いているかそうでないかをきちんと判断して利用する事をオススメします。

Published by