シェアハウスでの注意点

ですが、誰かと共有して使うという事は注意しなければいけない事もあります。みんなが嫌な思いをしないように生活しなければいけないのでルールが決められている事が多いです。例えば、入浴時間や選択する時間に制限があり、入浴時間にも制限が設けられています。そのため、自分の好きなように生活したいという人には向いていません。このようなルールをあらかじめ知ってから契約しましょう。また、友達を招き入れる事もほかの入居者に迷惑がかかるので基本的には出来ません。また、たとえ家族だとしても泊めることが出来ないので、自由度は少ないです。また、共有部分は入居者同士で掃除しなくてはいけないので、きちんと掃除が出来る人でないと迷惑がかかってしまいます。

自分ひとりだけのスペースなら汚れていても問題ないのですが、共有部分は誰かに迷惑がかかってしまうので、きちんと掃除が出来る人が向いています。また、女性がシェアハウスをしたいときはさらに注意が必要です。出来るだけ同姓だけがいるシェアハウスの方が女性は安心なのでそういったところを探し事が大切です。このように、シェアハウスは共同生活に近いものがあるので、注意点も必要です。自分がシェアハウスに向いているかそうでないかをきちんと判断して利用する事をオススメします。

シェアハウスのメリット

では、シェアハウスを借りるメリットを紹介します。まず、メリットは、一人暮らしですが、家に帰ると誰かがいるという安心感です。アパートなどに住んで、隣の人も顔も分からないと不安になるという人もいます。ですが、シェアハウスは生活していくうえで会う事もあるので、誰が住んでいるか知ることができ、何かあったときに情報を交換したり出来ます。ですが、誰かとコミュニケーションと取りたくない場合は、無理して人と話すこともありません。自室へ入れば良いので、窮屈にはなりません。

また、安全面や防犯面からシェアハウスを選ぶ人もいます。そして、引越しが楽という事も大きなメリットです。冷蔵庫やガスや照明器具があらかじめ用意されていることがほとんどなので、引っ越したからといってわざわざいちから用意する必要はないので、引っ越してくるのも、引っ越すのも楽に出来るので仕事の都合ですぐに引っ越さなければいけない可能性がある人はメリットが大きいです。また、家賃も普通のアパートやマンションよりも安いですし、引越したときの電化製品の費用も必要ないので、節約したい人にはメリットが大きいです。このように、どちらかと言えば金額的にメリットが大きいことが多いです。

シェアハウスの仕組み

最近は、1つの賃貸住宅にプライベートスペースとパブリックスペースを設け、共同生活を送るシェアハウスが若者を中心に注目を集めています。では、シェアハウスとはどんな事か具体的に説明していきたいと思います。

まず、住まいの一部を誰かとシェアするのですが、入居者それぞれにプライベートな個室が用意され、リビングやキッチンをはじめとしてバスルームやトイレなどの空間や設備をシェアするのがシェアハウスの仕組みです。しかし、ルームシェアと違うところは、入居者についてその管理を行う運営会社が存在して入居者がそれぞれが運営会社と契約を結ぶ点です。また、食事の提供はなく、おのおのが自分で用意して食べるというシステムになっています。ですが、プライベートな空間だけはしっかりと確保してあり、自立したスタイルを保っています。

また、シェアハウスといってもいくつかのタイプがあり、入居人数や設備が違うので自分に合ったところを探す事をオススメします。例えば、マンションタイプ、一戸建てタイプ、アパートタイプと建物はそれぞれ違いますが、個人の部屋があって共通の設備があるのは変わりません。また、シェアハウスというコミュニティを活かして、同じ趣味を持つ人を意図的に集めるシェアハウスも注目されています。例えば、楽器OK、ペットOK、シングルマザー向けのところから、外国人も受け入れている国際的なところまであり、自分が求めている特徴のシェアハウスを選ぶとトラブルも防げますし、コミュニケーションも取りやすくなります。同じ趣味や環境の人が住むのはお互いにすみやすいのでメリットが大きいです。

参照ホームページ…シェアハウスなら女性も安心の設備と上質な空間のDKハウス
外国人との国際交流もできるシェアハウスです。